COMING KOBE'18

阪神淡路大震災から23年。神戸からの恩返し。日本最大級の無料チャリティーフェス

Newsニュースログ

チャリ(自転車)ティーマラソン「カミングライダー」発表!!

チャリ(自転車)ティーマラソン「カミングライダー」発表!!

「被災地の今をレポートし、己の限界に挑戦し本能を呼び起こし神戸へと帰還せよ!」
「果たしてカミングライダーはCOMING KOBEに間に合うのか?」

-繋ぐ被災地と被災地プロジェクト-

自走&自奏の唄う「チャリ(自転車)ティーマラソン!!」
(4/8岩手県発→4/28兵庫県COMING KOBE行)

募金先の「岩手」をリポートし、自転車で帰ってきて、募金を集める「神戸」で歌う。チャレンジ企画。

【ルール5箇条】

  1. 電力の使用を一切禁止とする。
  2. お金の使用を一切禁止とする。
  3. 自転車のみの自力移動とする。
  4. 被災地や減災の動画リポートを行う事。
  5. 無事に帰還しCOMING KOBE18のステージで旅で感じた曲を披露する事。
※4/28COMING KOBE18間に合わなかった場合の出演はありません。

2018年。今年のカミングライダーは・・・2つのテーマ

「震災を知らない世代へ」

震災未体験の世代が初めて見る被災地の現状とは?復興はどこまで進んでいるのか?
津波への対策、放射能に汚染された帰宅困難地域の今、など被災地が抱える問題を共に考えたいと思います。
今年のカミングライダーは「震災を知らない世代へ」をテーマに、
まだ被災地に残る震災の爪痕を探し、「あの時そこで何があったのか?」
「この7年間何があったのか?」「ここから未来はどうなるのか?」毎日動画リポートを配信し伝えていきたいと思います。

「未来の災害を減らせ!」
「天災は忘れた頃にやって来る。」

震災の日、全てのライフラインが止まったあの日。
ガス、電気、水道の供給がストップ。
お金の効力は無くなり価値があるのは水と食料。
信じれるのは己の野生と生きる本能。
大切なのは備えるという事。 体温を保つこと。飲み水の確保。火を熾せるか。
防災・減災用品、緊急避難用品、などの非常時に備えたサバイバル用品を駆使しながら、役に立つ防災グッズの紹介をメインに、
水の確保の仕方、食料の調達の仕方、火の熾し方、食べれる草や昆虫の見分け方、方角の見極め方、寝床の確保の仕方、など、
強く生き抜く為の知恵を緊急時の自分の身を自分で守る自助を動画&ブログで伝授します。

未来の災害を減らせ!カミングライダー!!

そして、今回、改造されたのは・・・

90S’POPS BAND ”BASSET HOUND” Vo&Gt
「片山大輔 23歳(fr.BASSET HOUND)」

阪神・淡路大震災の3日後、倒壊した高速道路のすぐ近くの病院で誕生した、震災を知らない世代の神戸のミュージシャン。
TVの報道で見る震災の映像はただの映画の世界だと、震災後の綺麗になった神戸の街で育つ。阪神大震災と同い年のバンドマン。あだ名は「監督」
ライダーというより怪人に近い。

発信源

情報は、「ブログ・ツイッター・ラジオ・報告ツイキャス・毎日動画配信」など(一般人と同じレベル)で情報を発信していきます!

LIVE info

4/6「カミングライダー2018壮行会」@music zoo KOBE 太陽と虎
18:00/18:30 ¥2000 / ¥2500
カミングライダー2018:片山大輔(fr.BASSET HOUND)
寺山リウジ(2015)井之上惑星(2016)ピストン平尾(2017)
COMIN’RIDERS CLUB SESSION(歴代カミングライダー)

移動行程予測

ガチの行き当たりばったりプロジェクトです。
通り道にお住まいの方、出張ライブも承ります!どこでも行きます!助けてください!
(お問い合わせはfu-ji@taitora.comカミングライダー係まで。)

声をかけてくれた人にはもれなくステッカーをプレゼント!カミングライダーを捕まえろ!!

壮大な罰ゲームか?無謀な挑戦か?

してはいけない実験:「ヒトは岩手から自転車で神戸まで帰ってこれるのか?」

答えは4/28COMING KOBE18感動のゴールライブにて!!!!
(4/28COMING KOBE18間に合わなかった場合の出演はありません。)